タイプを知ること|白髪染め効果のあるトリートメントを見つけよう|黒々とした髪に変身
女の人

白髪染め効果のあるトリートメントを見つけよう|黒々とした髪に変身

タイプを知ること

ブラシ

白髪は年齡や男女問わず悩みの種です。最近では市販の白髪染めの種類が多くなっており、カラーバリエーションも豊富になっています。ドラッグストアなどでも簡単に購入することができ、使用することで手軽に白髪を染めることができます。また、自分で行うことが困難な人や綺麗にできるか不安な人は、美容室で白髪染めをしてもらうことで悩みを改善できます。自分で行う場合、市販の白髪用ヘアカラー剤を購入しなければいけませんが、豊富な種類があるからこそ悩んでしまう人も少なくありません。染剤の種類は大きく4種類に分けることができ、アルカリヘアカラー、微アルカリヘアカラー、中性ヘアカラー、弱酸性ヘアカラーとあります。ph濃度によって分かれており、髪へのダメージや染まり方がそれぞれ違います。白髪染めを選ぶ場合は、まず、染めたい色と髪へのダメージを考慮して選ぶことが大切です。明るい髪色にしたいと考えたとき、ph濃度が低い弱酸性ヘアカラー剤では満足した髪色にはなりません。しかし、ダメージを一番に考えるなら弱酸性ヘアカラーが有効です。髪色と髪へのダメージを照らしあわせることで、自分に合った白髪用のヘアカラー剤を選ぶことができます。

また、市販の白髪染めには、クリームタイプや液体・乳液タイプ、泡タイプ、シャンプー・トリートメントタイプなどがあります。それぞれに使い方や染まり方に違いがあるので、特徴を知って使用するとトラブルを防ぐことに繋がります。更に、最近では保存ができるヘアカラー剤も登場しています。様々な種類の白髪染めヘアカラーは、スーパーやドラッグストアで気軽に購入できるものから、ネット通販でしか取り扱いがないものなど、色々な販売方法がなされています。消費者の要望に合わせ、日々新しいものが開発され、進化を続けています。